Question サルを飼育しているのですが、エキゾチックペットクリニックではどのような検査を行っているのでしょうか?

Answer サルは旧世界ザル(グエノンなど)、新世界ザル(リスザルやマーモセットなど)、原猿(スローロリスなど)そして類人猿などに分類されます。彼らは私たちヒトと同じ霊長目であるため、様々な病気も伝搬します。当院では人畜共通感染症の予防を積極的に行っています。平成12年度からは霊長目は日本への輸入時に検疫(フィロウイルスのみ)が施行されています。当院でも自主検疫としてウイルス検査、細菌検査(赤痢、サルモネラ、結核など)、寄生虫検査などを積極的にお勧めしております。特にサルモネラや赤痢などの感染症、寄生虫の発生が数多く見られ、問題となっています。したがって、未検査のサルの診察は時間を制限したり、他のペットの飼い主(人間)と接触のないような時間に設定させて頂くこともあります。


r-ball当院で推奨する検査項目r-ball


は当院が推奨する自主検疫項目

1)旧世界ザル(ハナジログエノン、タラポワン、ブタオザル、ニホンザル、カニクイザル、アカゲザル、パスタモンキーなど)



便


・赤痢菌
・サルモネラ菌
・病原性大腸菌
・ビブリオ菌
・蠕虫卵
・赤痢アメーバ
・その他寄生虫




ウィルス ・麻疹ウイルス
・単純ヘルペスウィルス
・Bウィルス
・サルエイズウィルス
・フィロウィルス(エボラ、マールブルグ)
・サルレトロD型ウィルス
・サル水痘ウィルス
・サルT細胞白血病ウィルス
・サル伝染性単核症ウィルス
血球検査 ・血球検査
生化学検査 ・生化学検査
フィラリア/マラリア ・フィラリア/マラリア
結核検査 ・ツベルクリン試験(結核)
画像検査 ・X線検査

2)新世界ザル(リスザル、オマキザル、タラポワン、コモンマーモセット、タマリンなど)



便


・赤痢菌
・サルモネラ菌
・病原性大腸菌
・ビブリオ菌
・蠕虫卵
・赤痢アメーバ
・その他寄生虫




ウィルス ・ヘルペスサイミリー
・ヘルペスタマリヌウス
・麻疹ウィルス
血球検査 ・血球検査
生化学検査 ・生化学検査
フィラリア/マラリア ・フィラリア/マラリア
結核検査 ・ツベルクリン試験(結核)
画像検査 ・X線検査

3)原猿(スローロリス、ポトなど)



便


・赤痢菌
・サルモネラ菌
・病原性大腸菌
・ビブリオ菌
・蠕虫卵
・赤痢アメーバ
・その他寄生虫




ウィルス ・麻疹ウィルス
血球検査 ・血球検査
生化学検査 ・生化学検査
フィラリア/マラリア ・フィラリア/マラリア
結核検査 ・ツベルクリン試験(結核)
画像検査 ・X線検査